短期利用ならコピー機をレンタルしよう

オフィスなどでコピー機を導入する際によく比較されたのが、リースとレンタルがあります。その中でもレンタルは短期利用を目的とした時におすすめする方法だとされます。長期利用を目的としている場合なら、コピー機を購入するか5~6年の長期契約が基本となるリースを利用したほうが料金を抑えることができます。ただし途中で解約したり保守・メンテナンスを代行してもらうことができなくなるので、短期利用で途中で使用しなくなった場合でも中途解約が行いたいなら、レンタルサービスを選ぶことがおすすめします。

またコピー機のレンタルなら支払いを経費で処理することが可能なことや、減価償却の手続きなど面倒な事務処理を行う必要がなくなるので、手軽にビジネスの場で取り入れたいという場合にも向いています。向いている場面としては事業計画が定まっていない場合であったり、短期間のイベントで使用するなどスポット的に利用するならばこちらの契約方法の方が余計な費用を支払う必要がなく手間がありません。ただしリースに比べて月額利用料金が高めに設定されていることや、導入できる機種が選択できないことも多いので新機種を使用したい場合には向いていません。また基本的に借りられるのは旧型の中古品が大半で、初期費用が発生することも注意点です。

事前に印刷速度が速く無線で接続が出来る機種を求めている場合には、この方法よりも最新機種を選択出来るリース契約が向いています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です