コピー機のリースは途中切り替え可能な会社があります

会社のオフィスで欠かせない機器としてコピー機を導入していることが一般的になり、各デスクで使用するパソコンと連動させて利用をすることも普通のこととして行われています。印刷したいものをパソコンで作成した際には、自席にいながら直ぐに印刷を行うことができるので仕事効率のアップにも貢献している機器です。このコピー機は新品での購入は機能性による違いはあるものの、100万円程度の機種も実在しています。高額故に月額費で安く借りられるリースが人気を集めており、既にこの方法で導入をしている会社は多数あります。

契約年数は5年契約が最も多いとされており、5年間の機関については原則として解約することはできません。解約できない代わりに保守点検をしっかりと実施しているリース会社が多い中、現在契約中のコピー機であっても途中で切り替えを可能にする会社があり、経費を更に削減したいと考える経営者にとっては強い味方になることは間違いありません。本来であれば満期を迎えて再契約となりますが、切り替え可能なリース会社では、お使いのコピー機と利用頻度等を十分に判断した上でもっと安く借りることができる機種を提案することを行っています。契約満了を待たずに切り替えをするには、会社間では不可能な場合がありますが、このような切り替えを得意としている会社の場合は、契約先の会社と直接に交渉する能力を有しており、高い確率で切り替え可能となります。

例えば今までの月額料が20、000円程度だった会社でも、切り替えをすると15、000円に引き下げることも不可能ではないので、ネット上から情報をキャッチしてから相談することは無駄な経費を削減することに成功できます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です