コピー機リースはどのような状況で決めるべきなのか

真新しい新品コピー機を自分たちで選び利用し始めることのできるのがリース、ですが機器本体を自社での一括払いで購入をする必要はありません。毎月本体価格を分割で契約期間中に、コツコツと支払っていくスタイルだからです。企業での購入であれば、全て経費で賄いさほど負担にならないのではないかと思うかもしれません。自宅で使うような家電量販店でもすぐ買えるコンパクトなタイプは、お値段もさほど高くはなく気軽な購入ができます。

ところがオフィス用ともなると家庭用とは異なり、様々な機能を必要としていたり求める要素が多くなるので、お値段は安くはありません。どの機種に決めるのかにもよりますが、会社で導入をするなら軽く100万円を超えるような機種は多いです。いくら社員のポケットマネーで買うわけではないにしても、経費で落とすにしても安価なお買い物にはなりません。リース契約できるコピー機ならたとえ100万円を超えるような最新機種でも、最初に好きな機種を選びあとからゆっくりと返済をしていくことができます。

ただ数年にわたる毎月の支払いが不安であるなら中古購入を選ぶのもひとつ、例えば業績の見通しがまだつきにくい開業してすぐだとか、業績自体がイマイチ安定しない時などは安い中古も良いかもしれません。比較的安定性のある業績であり毎月の支払い面も問題なし、すでに開業後順調に経営ができている、こうした状況であれば、迷うことなくオフィス導入で選びたいのはリースコピー機です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です