コピー機リースと契約期間

コピー機は職場になくてはならないもののひとつですが、実際に新品メーカーから購入する場合、かなりの金額が必要となってきます。それを避けるためにはコピー機についてもリース方式を採用するのが得策です。このリース方式であれば多額の初期費用をかけずに職場にコピー機を導入することができますし、しかも機種やメーカーの選定は契約者のほうの意向どおりとすることができますので、頻繁に使う職場であればハイスペックで耐久性の高いものを、そうではない場合にはできるだけ本体価格が安いものといった、使い分けもできるところが大きな魅力です。またリース方式の場合にはトナー切れやその他故障などのトラブルがあった場合でも、メンテナンスを包括して行ってくれるサービスを付帯することができ、職場で悪戦苦闘しなくてもすむといったメリットもあります。

料金的にも毎月の定額となっていますので、特にハイスペックで本体価格が高額なコピー機を導入する場合には、その恩恵も大きいといえます。コピー機のリースはあらかじめ契約期間が設定され、原則的に期間中に解約をすることはできません。この契約期間についても機器の耐用年数に応じて、法令にもとづく一定の範囲内で設定することになっており、通常であれば耐用年数と同じ5年がひとつの目安となります。ただし会社によっては3年から7年という法令が認めた範囲内で設定することもあり、これはリース料金の単価にも影響します。

コピー機のリースのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です