コピー機をリースを利用時に把握しておくべき注意点

仕事で多く使用されいてる事務機器の1つとしてコピー機がありますが、購入するよりもコストを抑えて使用できる方法の1つにリースがあります。レンタルという利用方法もありますが、リーズの場合は初期費用を抑える事ができ、長期的な期間の契約であれば月額の使用料なども抑える事ができるのが特徴です。ただしリースの場合は契約期間が長いという事は、しっかり把握しておく事がポイントの1つとなります。レンタルであれば1日や1ヵ月といった短期的な利用が可能ですが、リースの場合は年単位での契約が基本です。

コピー機を利用するさいに最低でも3年からの契約が多いので、途中での解約が出来ない事を理解しておく事が重要となります。もし途中で解約する場合や契約期間内での使用費用をまとめて支払いが発生し、途中契約料などの支払いが必要な場合もあります。そのためコピー機の利用が契約期間内は必ず使用することを想定したうえで利用する事が大切です。また利用する企業によっては、契約までの審査に時間がかかるという場合もあります。

直ぐに使用したくても審査が下りなければ契約には至らないので、審査期間もしっかり考慮する事が必要です。その他に中古のコピー機の利用が出来ないという点や、契約期間の年数によっては購入するよりもトータルで考えると高額になる場合もあります。そのため長期的な利用であっても総額的な面や審査期間も踏まえてしっかり考慮して選ぶ事がポイントとなります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です