デジタル時代だからこそコピー機のリース

デジタル化が進むとともにペーパーレス化も同時に進み、書類が減る傾向にあります。それにともないコピー機など従来は会社の必需品だった備品も事業所によっては重要性を失いつつあります。その一方、デジタル化のデメリットとして、部外者による情報流出の危険性や保存デバイスの不意の故障による記録の消失といった問題に対処しなければなりません。つまり紙により保存する情報は、真に漏洩しては困る情報といえるでしょう。

したがって、コピー機の重要性は失われるどころか、むしろ役割を増しています。コピー機は購入するよりもリースによる方法が便利です。購入は初期コストがかさむ上、故障した場合に保証期間外ならばさらなる費用を覚悟しなければなりません。その点リースであれば、導入コストが安く済みますし、所有権はリース会社が引き続き持つものの、故障などのリスク負担は心配しなくて良いので大変便利です。

また税金面でも月々の費用が経費に算入できるためお得でしょう。ただし契約内容は十分把握する必要があり、途中解約の場合の負担金には十分注意しなければなりません。したがって、契約前には各社のサービス内容をよく比較検討し、自社の予算や収益見込みなどを計画して最適な会社を選びましょう。各社それぞれ特徴を持ち、メーカーの品揃えが豊富な会社やサポート体制に力を注ぐ会社、あるいは価格で勝負する会社などサービスはそれぞれです。

比較が難しいときには資料請求や問い合わせなどを活用するのも一方策です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です