カレンダー印刷の素材とデザインのポイント

カレンダー印刷は素材とデザインが重要です。まずは素材ですが、使う人の側に立って考えると書き込みしやすいものが良いかもしれません。卓上カレンダーや壁掛けなど、スケジュールを管理したり覚えておくためによく使われるからです。そのような用途で使用したい場合は書き込む際にはなるべく、書き込みしやすい用紙が好まれます。

コート紙の場合はペンや鉛筆などによってはインクを弾いたり書きにくかったりするので、上質紙やマットコート系の用紙を選びましょう。しかし、アイドルやグラビアの写真が中心であるカレンダーを作成する時には、印刷の再現性を重視した用紙がよいでしょう。これらの用紙はペンでの書き込みには不向きですが、印刷の表現性は高いです。逆に書き込みがしやすい用紙は印刷した時に暗くなってしまったり、写真が綺麗に印刷されなかったりするので注意が必要です。

またカレンダー印刷において、デザインで注意したいことは、日付の見やすさです。アイドルやグラビアの写真が中心になる場合はそうではないかもしれませんが、カレンダーは日付を確認するためのものですので、カレンダーのサイズや形、文字の大きさや色使いなどによって、日付が見にくかったり、確認がしにくかったりするのであれば非常に使いにくいものになってしまいます。この点はデザインを担当する人ともよく打ち合わせて、最終確認の際には実物により近い形でのサンプルや見本などで確認してから、カレンダー印刷の本番を進行するようにしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です