赤ちゃんは大人と比べると体が小さいので、普段安全性が確立されている食べ物であっても気を付けないといけないことがあります。それは水も同じであり、赤ちゃんだからこそ注意してほしいことがあります。美容目的に外国産に多い硬水を引用する人が増えています。便秘を解消することから腸内環境をよくする意味で考えれば美容効果も期待することができるでしょう。

ただその硬水を赤ちゃんが引用してしまうと、体が小さいがゆえに変調をきたしてしまうこともあります。日本の水道水と同じように軟水を用いることをおすすめします。もちろんウォーターサーバーも国内産である水を使用するものを導入してください。もっと赤ちゃんのために考えるのであれば、産地と衛生面も考慮すると満足できる選択ができます。

産地は東日本よりも西日本の方が安全とされています。震災の影響もありますので、確実に安全性が出るまではウォーターサーバーの水も西日本のものを求めるのが良いでしょう。また衛生面も気を付けたいところです。オートクリーン機能が搭載しているウォーターサーバーも増えていますので、このようなものを利用すると衛生面に気を付けることができるでしょう。

使い捨てのワンウェイ方式と回収型でガロン式のリターナブル方式のタイプがウォーターサーバーにはあります。どちらが赤ちゃんに適しているのかを考えればワンウェイ方式です。空気に触れることが少なく、品質も保たれていますので衛生面にも効果的です。大切なわが子を守るためにもウォーターサーバーにも違いを求めるようにしましょう。